忍者ブログ
2018/07    06« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

行方不明になり、死んだと思っていた猫が14年ぶりに飼い主のもとに戻るという奇跡が起こった。このほど米フロリダ州で、ハリケーン時に行方がわからなくなって姿を消した猫が発見された。飼い主との再会を可能にしたのは、猫に埋め込まれたマイクロチップだった。『Today』『WPTV-TV』などが伝えている。
フロリダ州フォートピアスに住む元K9(警察犬)ハンドラーのペリー・マーティンさんは、2002年に茶トラ猫の“Thomas Jr.(トーマスジュニア)”、通称“T2”を飼い始めた。野良猫だったT2を動物病院へ連れて行き、予防注射をしてマイクロチップを埋め込んだ。ところが2004年にハリケーン“ジーン”が襲来し、フォートピアスを直撃した。フォートピアスから南に32kmほど離れた場所にあるスチュアートの友人宅にT2と避難していたペリーさんは、開いていた窓からT2が出て行ったことに気付いた。
ペリーさんと友人、近隣住民らは何か月もT2の行方を探した。動物管理局がT2を見つけてマイクロチップの情報から飼い主がわかり自分のところに連絡がくるかもしれないという思いから、ペリーさんは動物愛護協会へもT2の行方不明を伝えて連絡を待っていた。しかしその行方は全くわからず、かかりつけの獣医でさえT2は死んだものとみなすようになり、ペリーさん自身も高速の近くで撥ねられて死んでしまったのではと思うようになった。
ところが14年経った今年3月5日、スチュアートに住むワズワースさん一家の玄関先にT2が突然現れた。リサ・ワズワースさん(47歳)とローレンちゃん(13歳)、クイン君(11歳)は、その猫が家の中に入ろうとしていた仕草を見て、「前は飼い猫だったのでは」とすぐに気付いたという。子供たちは猫を家の中に入れて餌を与え、お風呂に入れてノミ取りまでした。
PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

カテゴリー

| HOME Next >>
Copyright ©  -- apple123 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]