忍者ブログ
2018/04    03«2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »05

  いつも変わらずに自分を愛してくれると感じた時に、女性は愛されている実感が持てるからだ。女性のことを理解していない男は、いきなり大きなことをして彼女を満足させようとしたり、そうかと思えば何週間も彼女をないがしろにしたりする。

  いいコミュニケーシ、ンが二人のいい関係を築く基礎だとすれば、ロマンスはデザートだと言ってもいい。男性のちょっとした気遺いで、女性はとても幸せな気持ちになれるのだ。しかし、男の愛の感じ方はまた違う。
PR

  そこで、女性の様々な変化に対して男がどのように感じているのか、いくつか例をにていこう。次にあげるのは、よく聞かれる不満や意見である。「昔はどこへ連れていってあげても彼女は感謝してくれた。いまは何をしてあげても当然という顔だ」

  「彼女は僕のことを子供扱いするようになり、口うるさくなった」「以前の彼女はとても優しかったのに、いまは家に帰るとグチばかり聞かされて閉口してしまう」なぜ、男はこうした不満を持ってしまうのか。その原因と対処法を見ていくことにしよう。

  ナチス・ドイツ(Nazi)の指導者アドルフ・ヒトラー(Adolf Hitler)の署名が入った希少な水彩画について、オランダの専門家2人から贋作(がんさく)である可能性が高いとの指摘が上がっている。同国の新聞が27日、報じた。
 オランダ日刊紙フォルクスラント(Volkskrant)によると、ヒトラー作品の偽造品調査の専門家であるバート・ドローグ(Bart Droog)氏とヤープ・ファンデンボーン(Jaap van den Born)氏は、同紙に対し「偽物のヒトラー作品である可能性が非常に高い」と述べたという。
 透明水彩絵の具を用いてオーストリア・ウィーンの塔を描いたこの水彩画は今年、ある女性によってアムステルダムに本部を置くオランダ戦争資料研究所(NIOD)に寄贈された。女性の身元は明らかにされていない。
 NIODは当時、声明を発表し、「数か月間の鑑定プロセスを経た後、アドルフ・ヒトラー直筆の原画であるとの結論に達した」と述べ、ヒトラーが若かった1909~1913年に制作されたものと推定していた。
 その鑑定結果に今回疑問符が付いたことを受けて、NIODは、「こうしたコメントを真摯(しんし)に受けとめ、われわれの調査に対する批判的な反応に耳を傾けたい」との声明を発表。また、同絵画を本物と推定した同研究所の結論は「暫定的」なものにすぎないとも述べた。
 ドローグ氏とファンデンボーン氏によると、同絵画は、ヒトラーの美術作品の贋作者として有名なラインホルド・ハニッシュ(Reinhold Hanisch)が手掛けた可能性が高いという。
  この屈辱感は、ちょうど男が彼女の頼み事を忘れて、「なぜ忘れたの!」と怒られた時に感じる、「子供扱いされた」という気持ちによく似ている。そんな時、男は彼女の攻撃をやりすごす必要があるが、女性も、ちょっと立ち止まって、相手に心の準備をさせ、辛抱強くねばることだ。

  女性が男に手を差し伸べれば、男は彼女に愛きれている実感が持てるだけでなく、彼女の方も彼の愛が実感できる。これが男女のつきあいの驚くべきところだ。


  しかし、まず、男が忘れっぽいのは自分に対する愛が足りないせいではないことを覚えておいてほしい。小さなことを忘れないようにすることがどんなに大切かわかってくれば、男も忘れなくなるはずだ。

  このプロセスには時問がかかるが、女性も忘れっぼいのは自分のパートナーだけではないことを知ったら、彼が変わっていくのを辛ね強く見守っていけるのではないだろうか。パートナーのいる男はたいてい、何の不満もないように見えるものだ。

カテゴリー

| HOME Next >>
Copyright ©  -- apple123 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]