忍者ブログ
2018/11    10« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »12

前回の結論―悪は人間の心の中にあるーは、その言葉

だけを取り出して眺めてみると、誤解される余地がある。そ

の誤解とは、悪が人間の中にあるのであれば、人問は「神の

子」ではなく「悪の子」ないしは「罪人」と言えるのではな

いか、と考えた場合である。前回の説明を注意深く読んだ人

はそんな解釈はしないと思うが、この点を明確にしておくこ

とは必要かもしれいない。私の言う意味は、「悪を悪として

感じる原因は、人間の心の中にある」ということである.前

回も触れた「釈迦と悪魔」という文章には、このr悪を感じ

る原因Jのことを「悪さの量りJという言葉で表現している。

また、この反対に「善」を感知するもののことを「善のセン

サー」と表現している。

 

この2つの“測定器”は、本質的には同じものと言って

いい。それはちようど、「同じ幅の目盛が入った長い物差し」

のようなもので、物差しの上の数値には旺の値」もあれば「負

の回もあるというわけだ。単純化して書けば、こんな感じ

だろうか……

   

私たち人間は皆、こういう善悪を測る“物差し”を心の中

にもっていて、周囲で起こる様々な事象や現象に、この物差

しを当てて測るのである。そして、「これはすこく善い」と

かにれはちよっと悪い」とかにれは善でも悪でもないJ

……などと評価する、と考えられる。

 

問題は、この“善悪測定器”が各人バラパラである場合

が多いことだ。前回は、「コップに水が半分入っている状態」

を例に引いた。これをフラスの価値として見る人と、マイナ

スに捉える人がいるだけでなく、同じ人間でも、喉が渇いて

いる時とそうでない時とでは、評価が違う傾向があるから、

やっかいだ。もっと大がかりな例を出すと、先日、プッシュ

大統領加(キンス夕ンを訪問した際、反米デモが起きたこと

が報道されていたが、この中に「ブッシュはテ□リストだ!」

と書いたプラカードがあった。

PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

カテゴリー

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- apple123 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]